武豊は菊花賞出走せず、ティルナノーグ放牧で乗馬なし

» , の3連単の買い目教えちゃいます!

10月25日(日)の京都メインレースは最後のクラシック一冠「第76回菊花賞」(GⅠ)。同レースへの出走が囁かれていたティルナノーグ(牡3)は放牧休養へ。主戦騎手の武豊騎手はこれで乗馬がなくなり、菊花賞は見学することとなりそうだ。

福永祐一騎手もスプリンターズSや秋華賞といった秋のGⅠで乗れそうな馬が見当たらない。秋のGⅠが始まったばかりだというのに、リーディング上位の騎手がこぞってビッグレースに参加できずにいる。
結果でモノを言わす実力派の外国人ジョッキーたちが幅を利かせている今、有力馬を確保するのも難しくなってきているのかもしれない。先月は「男・藤田」の相性で知られる藤田騎手が電撃引退をし、最期もエージェント制度に苦言を残して去っていったが、そのエージェントの影の実力者である小原靖博氏が先月仲介料を取りJRAから処罰になった。処罰の内容は「3ヵ月の業務停止とJRA施設内への立ち入り禁止」で、福永騎手が有力馬を確保できないでいるのはこれの影響も少なからずあるのかもしれない。

武豊騎手に関しては影響があるのかわからないが、近年は乗鞍数が激減し、かつて不動のリーディングジョッキーだった頃の輝きは消えつつある。競馬界のスーパースターと言われた武豊騎手だがGⅠの舞台で彼の騎乗を見れなくなる日がくるとは、かつての競馬ファンは思っても見なかっただろう。

【驚愕】3連単1点勝負で超大幅プラスに!!!
↓↓↓

» , の3連単の買い目教えちゃいます!

3連単1点勝負

H. ヒロユキ

競馬歴15年以上の元競馬ライター。菊花賞の出走馬の考察、菊花賞のデータ分析など、菊花賞の予想や見解を載せております。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。