【菊花賞2015予想】過去の枠順のデータから傾向を分析してみる

» , の3連単の買い目教えちゃいます!

菊花賞の枠データ
1枠 【3-1-1-15】
2枠 【1-2-2-15】
3枠 【1-1-2-16】
4枠 【1-0-0-19】
5枠 【1-1-2-16】
6枠 【0-1-2-17】
7枠 【2-3-1-23】
8枠 【1-1-0-27】

菊花賞の馬番データ
1番 【2-1-1-6】
2番 【1-0-0-9】
3番 【1-1-0-8】
4番 【0-1-2-7】
5番 【0-0-2-8】
6番 【1-1-0-8】
7番 【1-0-0-9】
8番 【0-0-0-10】
9番 【0-0-0-10】
10番 【1-1-2-6】
11番 【0-0-0-10】
12番 【0-1-2-7】
13番 【0-2-0-8】
14番 【2-1-0-7】
15番 【0-0-1-9】
16番 【0-1-0-9】
17番 【0-0-0-9】
18番 【1-0-0-8】

※(集計期間:2005年~2014年)

内枠は有利な傾向

3000mという長距離戦はかなりスタミナを要求される。コーナーを6回もまわるため、内枠をまわってコースロスを抑えながら折り合いに専念するといった走り方がベストとされている。スタートしてから200mで最初のコーナーに差し掛かるため、スタート直後に良いポジションが取れる内枠は有利な傾向にある。
過去10年の枠順データを見てみると、1枠と7枠の連対率がともに20%、次いで2枠の15%という結果が出ている。1枠の成績が良いのはわかるが、7枠もそれと同じくらいに良い。内枠は確かにコースロスが抑えられるので有利だが、「スタミナ」や「折り合い」が重要な要素である以上内枠に絶対的な信頼はおけないだろう。あくまで「プラス要素の一つ」くらいに思っておくと良いかもしれない。

3つの買い要素

長丁場で先行争いも激化するといったことは少なく、全体的なペース配分も考えながら馬との折り合いを付けないといけないといけないので騎手の腕がモノを言うレースでもあると言えるだろう。「スタミナ」「内枠」「折り合える騎手」この3つが強い馬を見つけることが菊花賞攻略に繋がると言えるだろう。

【驚愕】3連単1点勝負で超大幅プラスに!!!
↓↓↓

» , の3連単の買い目教えちゃいます!

3連単1点勝負

H. ヒロユキ

競馬歴15年以上の元競馬ライター。菊花賞の出走馬の考察、菊花賞のデータ分析など、菊花賞の予想や見解を載せております。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。